FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Before & After!!我が家のリビング編

初公開!!わたしの働く後ろ姿です。(キャッ はずかしっ
DSC04125x.jpg
これは3年前に家を購入した直後の写真です。
床を全部ばらし、床下に敷いてあったおがくずを
うんせ うんせと地道に取り除いております。


あの頃はホントよく頑張ったもんだなあ、と回想にふけりながら、、、、、、
自己満足しております。(ウフッ

Picture_016x.jpg



断熱材の山!(笑。 かなりちくちくしてました。  



さてさて、現在はどうなっているでしょうか???



こーんな感じです!

20051130152151.jpg



20051130152113.jpg






なかなか頑張ったでしょ?


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

をを

働いてるー。
これって、2人で頑張ったの??
家つくりも面白いかもなぁ。。。

ねぇねぇ、やっぱり家の中ではずっと靴はいてるの?アメリカでも、家の中ではなんとなく靴は、履いてなかった私です・・・。

ドイツ人の友は、「靴脱いだら、臭いじゃないか」といって、絶対家では靴脱がないそうで。

習慣ってあるよね。

コメントありがとう!!
これは全て旦那と二人で作りましたよん!
引越し後の3ヶ月間は闘いみたいだったです。(笑)冬が来る前に断熱材を!と焦りまくってました。なんとか間に合って冬を越せたのですが。えっとノルウェーでは人によって違いますが、土足で入るのははマナーに反するというような風潮はありますね。たぶん雨、雪の気候のため、室内を汚してしまうからだと思いますが。うちは床が命!(笑)。床を我が子のように慈しんでおりますので、(旦那の仕事がこの関係なんですね)土足は絶対禁止です!

すごい!汗と努力の結晶ですね。とても快適そうな室内になりましたね。夏に訪問した友人夫婦の家でも、バスルーム(兼トイレ)を大々的にpusse oppしている最中で、Miriさんの第1番目のような様子でした。タイル張りからシンクや照明の取り付け、すべて手作業でなかなか大変そうでしたが、自分で作業すれば自分の思い描くイメージにより沿った住まい作りができるのが大きなプラスだと思います。
靴に関してですが、私、日本人家庭に育ったのに、ロンドンで生活していた5年少し、学校だけでなく自宅内でも靴を履いていました。そのため、日本の学校に通うようになっても、いつも下駄箱で上履きに履き替えるのを忘れてしまい、担任の先生にいつも怒られてしまっていました。Miriさんの仰るように、ノルウェー人は床の清潔さに気を配るひとびとなのでしょうね。冬が長いし、外食も高いし、人と会う「社交の場」が各人の家庭であることが多いので、インテリアをはじめ家の中が綺麗に見えることが大事という点もあるのかも知れませんね。

ロンドンに住んでいらっしゃったんですね。
おなじヨーロッパでも靴に関しての慣習が違うのは面白いです。
ところで」irisjentaさんの考察は鋭いですね!
やはり北欧では室内に居る時間が長いので、室内が清潔であることはとても大切なんでしょうね。特に子供のいる家では土足はタブーですよね。
うちの床は無垢のパインなので、肌触りよく暖かみがあって気持ちいいんですが、汚れやすいのが難点ですね。こまめにせっせと床磨きしてます。
Profile

miri

Author:miri
国際結婚ののちノルウェーに移住、森の家を自分達でリフォームしながら旦那、娘二人に黒猫一匹でのんびり楽しくスローライフ?目指してます。





Recent entries
Category
Archives
全タイトルを表示
みつばち研究中


Favorite


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Comments

BlogPeople検索

人気blogランキングへ
みんなのプロフィールSP

Links
mail to miri

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。