FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェーの幼稚園事情

これがビビの通う幼稚園。
歩いて25分のところにあるこの幼稚園は敷地面積がなんと7000㎡もあり森に隣接し、のびのびと遊べる環境にあります。
日本の幼稚園と比べると見た感じ普通の家?
わたしも最初地図を見て探しながら気づかなくって通り過ぎてました。
ノルウェーの幼稚園ってどこもこんな造りです。アットホームな感じでしょ?

20051104184854.jpg

小さく見えるけど、半地下の部屋や離れなどを会わせて5つの部門があります。1歳から2歳前後の小さい子向けのクラスだけは別になっているけど、あとは年齢でクラス編成するわけではなく、3歳から6歳(就学前)まではごちゃ混ぜで少人数編成されています(max22人まで)。
私もビビが通い始めた初日3日間は一日中同伴してましたが、いろいろな点で日本の幼稚園とは方式が違うので、ある意味興味深く感じました。
開園時間は6時45分から5時までで、10時までには遅くとも来なければいけません。
各クラスの部屋自体がひとつのアパートメントみたいな造りになっていて、玄関(衣類の棚が各個人ひとつずつ)トイレ・バスルーム、洗面所(それぞれのコップが掛けてある)、脱衣室、キッチン、ダイニング、そしておもちゃの部屋、絵本の部屋、リラックスの部屋と分かれています。
年長さんグループがいろいろな役割、責任を与えられていて、年下のグループをお世話したあげたり、模範を見せてあげたりしています。
この幼稚園はお弁当ではなく、給食?で各クラスのキッチンで作っています。(といってもパンとミルクとパンにのせる副菜ぐらいのものだけど)ダイニングテーブルをきれいに飾り(これが日本とは違う!)キャンドルを灯して、雰囲気を大切にしています。食事中のマナーには厳しい!おしゃべりおふざけも度が過ぎるとビシバシ叱られます。それでも和やかなアットホームな時間です。
食事の後のリラックスタイムが終わると、あとはお迎えが来るまで外遊び!です。雨の日も、風の日も雪の極寒の日も(マイナス10度までOK)ひたすら元気に外で遊び(遊ばされ)ます。
そうです、この北欧で天気のいい(?)日を待ちつつ屋内に閉じこもってたら、いつ外に出られるか分からないですからね!(笑)
ノルウェーの典型的な格言があります。
「悪い天気というものは存在しない。悪い服が存在するだけだ。」と。
ノルウェー発のブランド、ヘリー・ハンセンも元々は実用的な雨合羽をつくる会社だったそうです。
ノルウェーには様々な質のいい雨具、アウトドア服があります。要は完全装備すれば悪い気候なんて存在しないんです。
すごいといえばすごいですよね。こうやってバイキングの精神は脈々と受け継がれていくのだなあ・・(勝手に解釈)と軟弱な日本人の感覚でまた感心してしまうのです。
ビビ、ミーちゃんよたくましく育て!!

20051104184837.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secre

Profile

miri

Author:miri
国際結婚ののちノルウェーに移住、森の家を自分達でリフォームしながら旦那、娘二人に黒猫一匹でのんびり楽しくスローライフ?目指してます。





Recent entries
Category
Archives
全タイトルを表示
みつばち研究中


Favorite


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Comments

BlogPeople検索

人気blogランキングへ
みんなのプロフィールSP

Links
mail to miri

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。